過剰な脇汗対策は逆効果になることもあります

過剰な脇汗対策は逆効果になることもあります

気温が高くなり汗をかくようになると、
気になってくるのが脇汗です。

 

 

脇汗は個人差が大きく、少し気温が上がっただけでも
大量に汗をかいてしまう人もいれば、顔や体には汗を
かいても脇汗はほとんどかかない人もいます。

 

 

脇汗は他の部分にかく汗よりもシミになりやすく
外見的にも目立ってしまうため、女性にとって
最も気になる汗ですが、自分でコントロールするのが
難しいため多くの人が悩まされています。

 

 

脇汗が気になるからといって過剰に対策してしまうと、
かえって汗をかきやすくなってしまうことがあるので、
正しい知識を身に着けて適切に対処することが重要です。
今回は脇汗対策の注意点について解説します。

 

 

汗は蒸発することで皮膚の温度を下げる役目を果たします。
脇汗が気になるからといって蒸発する前にこまめにふき取ってしまうと、
ワキの温度が下がらずに逆に発汗を促してしまいます。

 

 

流れ出るほど大量の汗でなければ、少しの間蒸発するのを
待ってからふき取るようにしましょう。

 

 

ウェットティッシュや汗ふきシートなど湿った素材でふき取ると、
ニオイを抑えることができます。

 

 

脇汗対策に制汗スプレーを使用するのは一般的な方法です。
ただし、制汗スプレーは汗のニオイ対策には有効ですが、
汗そのものを抑える効果はありません。

 

 

汗染み対策には効果が期待できないので注意してください。